インフルエンザの予防接種、副作用、時期、症状等の対策情報サイト!

インフルエンザ対策本部!  お気に入りに追加!
インフルエンザは、発症した後のウイルスの症状だけでなく、予防接種の副作用等の怖さについてはあまり知られていません。インフルエンザの正しい予防接種の知識を吸収して、「インフルエンザにかからないようにする」ことが一番のインフルエンザ対策です!

妊娠中の予防接種


妊娠中でも不活性のワクチンの予防接種は摂取可能!

妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けても健康被害などは出ないのでしょうか?

特に風邪などの些細な病気にも気をつけたい大事な時期、高熱が続く病気にでもなったらと不安は募りますが、ワクチン接種しても大丈夫か気になるところです。
結論としては妊娠中でもインフルエンザ予防接種は可能です。

ワクチンには2種類あり、基本的には不活性ワクチンは妊婦でも接種可能とされています。

ここでいう不活性ワクチンとは日本脳炎、百日咳、ワイル病、コレラはウイルスまたは菌を不活性化したものに分類されます。

不活性化の中でもインフルエンザワクチンは病原性をなくした不活性化ワクチンであり、胎児に影響を与えないと言われています。

妊娠中は生ワクチンの予防接種は不可!

生ワクチン(ポリオ、風疹・麻疹の3種)は接種出来ません。

また、病院によっては妊婦のインフルエンザ予防接種自体を不可としているところもあります。

また、妊婦が接種できない生ワクチンには、ポリオ、風疹、麻疹、黄熱病、BCG、弱毒痘苗などがあり、これらは弱毒化した生ワクチンといわれています。
日本では昔から「妊娠中の予防接種は良くない」という考えがあり、医師の中でもそのような考えの方が少なくないようですが、今のところ妊娠中のインフルエンザ予防接種に関して、特別な副作用の報告はないようです。

ただし、妊婦または妊娠している可能性がある女性に対するインフルエンザワクチン接種の調査成績が国内では十分に蓄積されていないというのも事実です。

また、もし接種を受けるのであれば、妊娠13週間前後を除いて行うのが望ましいです。

いずれにしても、妊娠中にインフルエンザ予防接種を受ける際には、医師に相談のうえ受けた方が良いでしょう。

インフルエンザ予防&対策品人気ランキング!

人気ランキング:第1位
サージカルマスク-インフルエンザ対策本部 ≪微小のウイルスも完全遮断!|サージカルマスク≫

サージカルマスクは、生体ウィルス遮断効率試験(VFE)99.9%、ラテックス微粒子遮断高率試験(PFE)99.67%以上を誇る脅威のインフルエンザウイルス遮断マスクです! その信頼性は極めて高くなんと月間100万枚以上が売れています

→インフルエンザ対策用マスク【サージカルマスク】
人気ランキング:第2位
≪人に優しくウイルスに強い!|ディフェンドウォーター≫

天然のグレープフルーツの種子から抽出した抗菌エキスと水のみで作られた除菌液ですから、安心して気軽に使う事が出来ます!グレープフルーツの種子には、O157やサルモネラ菌すら除菌する強力な抗菌作用があり、その効果も抜群です

→人に優しい安心の除菌液【ディフェンドウォーター】
ディフェンドウォーター−【インフルエンザ対策本部】
人気ランキング:第3位
のどウイルスッキリン-インフルエンザ対策本部 ≪のど乾燥とウイルスから守る!|のどウイルスッキリン≫

のどがカラカラになる事がありますが、ウイルスが非常に入りやすい状態で危険です!ケフィアの開発したのどスッキリンは、ツバメの巣から抽出したシアル酸を舐めやすいドロップにしたもので、「まさにウイルス対策の為の、のど飴」です

→ウイルス対策用のど飴【のどウイルスッキリン】