インフルエンザの予防接種、副作用、時期、症状等の対策情報サイト!

インフルエンザ対策本部!  お気に入りに追加!
インフルエンザは、発症した後のウイルスの症状だけでなく、予防接種の副作用等の怖さについてはあまり知られていません。インフルエンザの正しい予防接種の知識を吸収して、「インフルエンザにかからないようにする」ことが一番のインフルエンザ対策です!

予防接種と卵アレルギーの関係


卵アレルギー=インフルエンザの予防接種は不可?

「卵アレルギーを持つ人は予防接種を受けると副作用がある」とよく言われますが、実際のところはどうなのでしょうか?、

ワクチンに卵の卵白や卵黄そのものを使用しているわけではありません。

卵アレルギー=インフルエンザの予防接種は不可、と決め付ける前に、まずは正しい知識が必要です。
卵が発育すると鶏の雛のもととなる「胚」と「羊膜腔」「尿膜腔」という袋ができますが、この「尿膜腔」というところに流行が予測されるインフルエンザの株を接種培養します。

そして増殖させたものから得られる「漿尿液」から精製・濃縮したウイルスをエーテルで処理し、副反応の原因と考えられる資質成分を除去、更にホルマリンで病原性を無くす作業をしたものがインフルエンザワクチンです。

インフルエンザと卵アレルギーの現在

インフルエンザ・ワクチンは鶏卵を使って作っているため、「鶏卵に対して強いアレルギー」があれば、接種に際して注意が必要ですが、実際のワクチンは高度に精製されているために、アレルギー症状を生じることは極めてまれになっています。

卵の入っている食品を食べても下痢・嘔吐などの消化器症状や蕁麻疹をおこさなず、卵が皮膚についも湿疹などが生じないようであれば、特段の注意は必要ないとされています。
ただ、これを医師がどう判断するかは、その医師によって違います。

また、ここ数年タミフルというインフルエンザの特効薬が登場して、1歳以上でしたら服用が可能になりました。

その為、現在では予防接種による万が一の危険をおかすより、かかったらすぐ来てね、という方法を取る医師が多いようです。

結論から言うと、現在のインフルエンザワクチンには、ごく微量しか卵白の影響は残っていませんが、やはり専門の医師に相談するのが1番と言えます。

特に、卵アレルギーは乳幼児に多いので、卵アレルギーのお子さんに予防接種を受けさせる際は、必ず医師に相談しましょう。

インフルエンザ予防&対策品人気ランキング!

人気ランキング:第1位
サージカルマスク-インフルエンザ対策本部 ≪微小のウイルスも完全遮断!|サージカルマスク≫

サージカルマスクは、生体ウィルス遮断効率試験(VFE)99.9%、ラテックス微粒子遮断高率試験(PFE)99.67%以上を誇る脅威のインフルエンザウイルス遮断マスクです! その信頼性は極めて高くなんと月間100万枚以上が売れています

→インフルエンザ対策用マスク【サージカルマスク】
人気ランキング:第2位
≪人に優しくウイルスに強い!|ディフェンドウォーター≫

天然のグレープフルーツの種子から抽出した抗菌エキスと水のみで作られた除菌液ですから、安心して気軽に使う事が出来ます!グレープフルーツの種子には、O157やサルモネラ菌すら除菌する強力な抗菌作用があり、その効果も抜群です

→人に優しい安心の除菌液【ディフェンドウォーター】
ディフェンドウォーター−【インフルエンザ対策本部】
人気ランキング:第3位
のどウイルスッキリン-インフルエンザ対策本部 ≪のど乾燥とウイルスから守る!|のどウイルスッキリン≫

のどがカラカラになる事がありますが、ウイルスが非常に入りやすい状態で危険です!ケフィアの開発したのどスッキリンは、ツバメの巣から抽出したシアル酸を舐めやすいドロップにしたもので、「まさにウイルス対策の為の、のど飴」です

→ウイルス対策用のど飴【のどウイルスッキリン】