インフルエンザの予防接種、副作用、時期、症状等の対策情報サイト!

インフルエンザ対策本部!  お気に入りに追加!
インフルエンザは、発症した後のウイルスの症状だけでなく、予防接種の副作用等の怖さについてはあまり知られていません。インフルエンザの正しい予防接種の知識を吸収して、「インフルエンザにかからないようにする」ことが一番のインフルエンザ対策です!

予防接種の副作用


予防接種は摂取する人によっては副作用もある!

インフルエンザワクチンの副作用、副反応は、アレルギー反応が主な症状として報告されています。

尚、1971年以前の全粒子ワクチン時代に問題となった発熱、神経系の副作用は、現在、大幅に減少しています。

重大な副作用、副反応には、以下のものが報告されております。
・重度の卵アレルギー患者の場合、アナフィラキシーショックを発症させる可能性あり。
インフルエンザワクチンは、精製過程で卵を使用。

・稀に(約100万人に一人の割合)、神経系の重篤な健康障害を生じ、後遺症が残る症例の報告があります。

・肝機能障害・黄疸、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、けいれん、喘息発作等。

・インフルエンザワクチンによるギランバレー症候群。
 ワクチンに対し抗体が形成された際、抗体が組織に対して交叉反応を示す場合がある。

・接種部位の腫脹や発赤、じん麻疹等。これは、ウィルス成分や添加物等のアレルギー反応。通常2〜3日中に消失。

・発熱、悪寒、頭痛、倦怠感等。通常2〜3日中に消失。

予防接種を受けた後も注意!

インフルエンザワクチンは、精製過程で卵を使用しているため、卵アレルギーをお持ちの方は、絶対に医師にその旨を報告し、相談しましょう。

また、発熱等、体調が悪い場合、無理をせず、医師と相談の上、ワクチンの接種を控えること。

その他、何らかの疾患に罹患している場合、医師と相談すること。
ワクチン接種後、24時間以内は、副反応や副作用の症状出現に注意すること。

ワクチン接種後、1時間経過以降は、入浴しても問題ありません。

ワクチン接種後、24時間以内は、過激な運動、大量の飲酒を避けることも大切です。

インフルエンザ予防&対策品人気ランキング!

人気ランキング:第1位
サージカルマスク-インフルエンザ対策本部 ≪微小のウイルスも完全遮断!|サージカルマスク≫

サージカルマスクは、生体ウィルス遮断効率試験(VFE)99.9%、ラテックス微粒子遮断高率試験(PFE)99.67%以上を誇る脅威のインフルエンザウイルス遮断マスクです! その信頼性は極めて高くなんと月間100万枚以上が売れています

→インフルエンザ対策用マスク【サージカルマスク】
人気ランキング:第2位
≪人に優しくウイルスに強い!|ディフェンドウォーター≫

天然のグレープフルーツの種子から抽出した抗菌エキスと水のみで作られた除菌液ですから、安心して気軽に使う事が出来ます!グレープフルーツの種子には、O157やサルモネラ菌すら除菌する強力な抗菌作用があり、その効果も抜群です

→人に優しい安心の除菌液【ディフェンドウォーター】
ディフェンドウォーター−【インフルエンザ対策本部】
人気ランキング:第3位
のどウイルスッキリン-インフルエンザ対策本部 ≪のど乾燥とウイルスから守る!|のどウイルスッキリン≫

のどがカラカラになる事がありますが、ウイルスが非常に入りやすい状態で危険です!ケフィアの開発したのどスッキリンは、ツバメの巣から抽出したシアル酸を舐めやすいドロップにしたもので、「まさにウイルス対策の為の、のど飴」です

→ウイルス対策用のど飴【のどウイルスッキリン】