インフルエンザの予防接種、副作用、時期、症状等の対策情報サイト!

インフルエンザ対策本部!  お気に入りに追加!
インフルエンザは、発症した後のウイルスの症状だけでなく、予防接種の副作用等の怖さについてはあまり知られていません。インフルエンザの正しい予防接種の知識を吸収して、「インフルエンザにかからないようにする」ことが一番のインフルエンザ対策です!

インフルエンザの種類と特徴


インフルエンザウイルスは大きく分けて3種類ある!

インフルエンザウイルスは大きく分けて、A型・B型・C型の3種類があります。

このうちヒトの世界で流行を起こし問題となるのは、A型とB型です。

また、A型ウイルスは表面構造の違いによりさらに何種類かに分類されます。

種 類
性 質
流行の状況など

A 型

非常に変異しやすい 毎年流行するほか、爆発的な大流行がある。また、細菌性の肺炎を高率に併発するため高齢者は死亡するケースもある
B 型
変異しにくい 散発的に小流行を繰り返す(最近は2年に1度の流行)
C 型
変異しにくい 症状は通常のかぜに似ているが、大きな流行はおこさない
 

A型インフルエンザウイルスには特に注意が必要

新型インフルエンザとして毎年大流行するのは、その多くがA型です。

A型は突然変異をしていく特徴があり、毎年少しずつウイルス表面のたんぱく質を変えながら流行しています。

ウイルスの表面にはHとNの突起が見られ、A型ではHで15種類、Nで9種類あり、この組み合わせでH5N1やH7N7といった型分けがされます。

A型は理論上15×9=135種類に分けられます。
今までA型インフルエンザの中にH5型はありませんでした。

しかし、東南アジア・中国で鳥から人に感染している鳥インフルエンザウイルスであるH5N1は、人から人へ感染するインフルエンザに変異しうるのではないかと懸念されています。

小さな変化であれば、ワクチンや過去の感染による抗体の力である程度防御できますが、突然まったく違う新しい型がでてくると、人はそのウイルスに対する防御の手立てがまったくなく、世界的な大流行となる可能性があります。

インフルエンザ予防&対策品人気ランキング!

人気ランキング:第1位
サージカルマスク-インフルエンザ対策本部 ≪微小のウイルスも完全遮断!|サージカルマスク≫

サージカルマスクは、生体ウィルス遮断効率試験(VFE)99.9%、ラテックス微粒子遮断高率試験(PFE)99.67%以上を誇る脅威のインフルエンザウイルス遮断マスクです! その信頼性は極めて高くなんと月間100万枚以上が売れています

→インフルエンザ対策用マスク【サージカルマスク】
人気ランキング:第2位
≪人に優しくウイルスに強い!|ディフェンドウォーター≫

天然のグレープフルーツの種子から抽出した抗菌エキスと水のみで作られた除菌液ですから、安心して気軽に使う事が出来ます!グレープフルーツの種子には、O157やサルモネラ菌すら除菌する強力な抗菌作用があり、その効果も抜群です

→人に優しい安心の除菌液【ディフェンドウォーター】
ディフェンドウォーター−【インフルエンザ対策本部】
人気ランキング:第3位
のどウイルスッキリン-インフルエンザ対策本部 ≪のど乾燥とウイルスから守る!|のどウイルスッキリン≫

のどがカラカラになる事がありますが、ウイルスが非常に入りやすい状態で危険です!ケフィアの開発したのどスッキリンは、ツバメの巣から抽出したシアル酸を舐めやすいドロップにしたもので、「まさにウイルス対策の為の、のど飴」です

→ウイルス対策用のど飴【のどウイルスッキリン】